高知食楽図鑑スタッフブログ

Entries

泳いだ後は栄養補給

デスクワークが主体のため、

どうしても弱ってくる足腰。

これではいかんと、時間を見つけては

プールで泳ぐように(ジャグジーでのんびり)しています。

子供と遊ぶのが主になるため、せいぜい200m程度しか泳げませんが

水の抵抗があるせいか、運動不足のせいか

かなり堪えます。

存分に遊んだ後の楽しみは、

ホカホカのタオルと

スウィーツ!

ヨネッツスイーツ

消費したカロリーを補うどころか

オーバーフローしてしまった!!

季節限定フラペチーノ

イオンに行ったらちょくちょく最近寄るスタバ。

今回購入したのは

季節限定のさくらブロッサムクリームフラペチーノwithクリスピースワール
という長ったらしいネーミングの商品。
IMG_2904.jpg
確かに!!
ほんのりピンク色の桜の花びらのように、
ほんのりとどこか桜の味がする優しいお味。

ごちそうさまでした。
mizo


バリュー ノア店 お味噌作り体験教室♪

高知で珍しく雪が舞った翌日、香美市のバリューノア店さんで行われた
お味噌作り体験教室に参加してきました。



冬晴れのいい天気。
ただし、気温は長野ばりに寒い。
本日の味噌作りの先生が、長野はこれくらい寒いと教えてくれました。

そおか~。長野すごいなぁ~。と、凍える思いで実体験。

さて、その味噌作り体験教室の先生は、
宇田味噌製造所の味噌職人であるウダタクオ先生。

かねてより宇田味噌さんの味噌が美味しい~美味しい~と
思っていた私がたまたまブログで見つけた情報に食いついた
三木さんとるんるんとお出かけしたのでした。

kuma20170211-003.jpg

味噌作りの材料はキレイに一人分ずつセッティングしてくれています。

宇田先生の講義を聞いて、いざ実際の味噌作りへ!

kuma20170211-002.jpg

材料をすべて混ぜ合わせ、空気を抜くために丸めていきます。
手作業だと本当に大変。

kuma20170211-006.jpg

一旦、力を込めて握りながらおだんごにしたものを、保存用の容器へ詰めます。

kuma20170211-001.jpg

空気を抜きながらタッパーへぎゅぎゅっと押し込めた、味噌はこの上に重しをのせて、
1年くらい寝かせます。
そうしてやっとお味噌が出来上がるのだそうです。

その1年の間にも時々は様子をみて水分が出てきているのを取り除いたり、
半年後には一度味噌を取り出して、反転させる作業をしたりと
折々の世話はかかせないとのこと。

全国の味噌職人さんごめんなさい。
わたしは今晩のみそ汁に使えるくらいに思ってました(ノД`)・゜・。

先生が言われてたように、ペットのように大事に育てなくては!
と、話を聞きながらひそかに「みそお」と名付けました。

kuma20170211-004.jpg

改めて、食べ物を始め、身の回りのものには、職人さんや農家の人や工場の人など、
様々な人の手が、時間をかけて大事に作っているのだなぁと実感させられました。

みそおの成長が楽しみです☆

そんな大事なことを教えてくれた宇田先生と三木さんの味噌ショット!

美味しい味噌が食べたい!という人は、
ぜひ宇田味噌製造所さんのお味噌、味わってみてくださいね。

宇田味噌製造所さんのホームページはこちら→

.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+

さてさてそんな体験教室を実施してくれたバリューノア店さん。

香美市にあるので、数回、お買い物に来ただけだったのですが、
改めて、ぐるぐるっとみて回ると、とっても美味しそうなものや
ステキな調味料がたくさんありました。
近所にあったら、いいなぁというスーパーマーケット!
香美市の人がうらやましいくらいです。

ぜひ近くに立ち寄りの際には、バリューさんへ

バリューさんのコンセプトもなるほどと考えさせられました。
地域密着プロジェクトとして味噌作り教室以外にも様々な体験教室や
取り組みをされているようです。詳しくはホームページをチェック!
バリューさんのホームページはこちらから→

今日はいい一日でした♪

KUMA


毎月10日はトマトの日!!

いつもお世話になっている、春野町の

パイとタルトの専門店「野菜がタルト」さんが

毎月10日前後に「トマトの日」というイベントを行っています。

今月は2/10(金)、11(土)、12(日)の3日間!!

チラシはクリックで拡大します。

野菜がタルトトマトの日


内容は

◉トマオニタルト半額!!

◉カルツォーネ(土日限定)!!

◉トマトの無料プレゼント!!嬉しい!!

◉新商品登場!!楽しみ!!

また、トマトの村の

トマト袋をご持参してくださった方には

なんとドリンク50円引き!

週末をパイとタルトで贅沢に過ごしましょう!


最新情報はこちらをクリック→野菜がタルトフェイスブック



Tel.088-855-9021
〒781-0311 高知市春野町芳原2445-2
9:00〜18:00 水曜定休


陶美庵

2016年末の忘年会&お誕生日会は久礼野の「陶美庵」さんで
北欧のディナーをいただきました。

ナイフとフォークがずら~っと並ぶ忘年会は、初体験。
ドキドキワクワクしながら「陶美庵」さんを訪ねてみると
まるで外国の別荘に招待されたような素敵な空間。

デンマーク人のオーナーシェフであるトービアンさんは
サーブの際にジョークを交えながら料理説明をしてくれます。

おいしくて楽しい時間でした♪

とにかくすごくたくさんの料理をいただいています(*‘ω‘ *)
さらにパンのおかわりもいっぱいしちゃいました~
ひとつひとつは長くなるので紹介できませんが
この日いただいた料理を写真でご紹介します。


kuma20170131-013.jpg

kuma20170131-010.jpg

kuma20170131-005.jpg

kuma20170131-011.jpg

kuma20170131-006.jpg

kuma20170131-007.jpg

kuma20170209-001.jpg

kuma20170131-004.jpg

どれも美味しくて、珍しい料理ばかりだったのですが、
このフルーツティがさらに感動。

トービアンさんの奥様がポットにフルーツを詰めて作ったという・・・。
フルーツの香りとお茶のおいしさにお腹もいっぱいだというのに
さらに何杯もおかわりをしてしまいました。


kuma20170131-008.jpg

この日は誕生日会も兼ねているので、コース料理とは別に
ケーキも作っていただきました。


kuma20170131-003.jpg

誕生日の二人は、クリスマスツリーのキャンドルに火を灯させてもらいました。
マッチも軸が長くておしゃれすぎ。しかも便利。


kuma20170131-002.jpg

最後にはお菓子とテーブルに飾っていた、かわいいお人形さんのお土産をいただいて
帰りました。

もう、大満足です( *´艸`)



kuma20170131-009.jpg

「陶美庵」さんの素敵なご夫妻。
お二人の明るくて楽しい会話とともにおいしい料理をたくさんいただきました。

外国のお家に招いていただいたような雰囲気は、コース料理ながらも
堅苦しくなり過ぎず、のんびりと楽しい時間でした。


kuma20170131-001.jpg

レストランは完全予約制です。
1日1組のみで人数は4~10名様まで。
6~9月はお休みだそうです。

ランチもディナーもゆっくり時間をかけていただくようになっていますので
時間はたっぷりとってお出かけしてくださいね。

「Home Bake&Restaurant 陶美庵」
高知市久礼野233-3
080-6398-4206

ランチ4,000円〜
ディナー8000円〜


KUMA

土佐銀で飲み会


ファクトでも個人的にもなが~くお付き合いさせて
いただいている「土佐銀」へ。

大将におまかせしたら、めっちゃ料理が出てきました。
この価格!?ってくらいお安く仕上げてもらって申し訳ないくらいの満足度でした。
粋な店ですよ、ほんと。

寿司をいただくなら土佐銀ですね。

土佐銀刺身盛り
土佐銀貝柱焼き
土佐銀肝
土佐銀どろめ
土佐銀揚げ物
土佐銀にぎり
土佐銀茶碗蒸し
土佐銀かっぱ
土佐銀赤だし


土佐銀

088-871-5585
高知市追手筋1-3-27

タカタク


TERRACE COFFEE


瀬戸の坂の頂上あたり、いつの間にかカフェができていました。
「TERRACE COFFEE」

店名にもあるコーヒーやふわふわのオムレツ、パンケーキなどを
食せるとのこと。

休みの日に
洒落たカフェで、ひと通り食べてみました。

テラスコーヒー
テラスローストビーフサンド
テラス玉子
テラス唐揚げ
テラスマルゲリータ
テラスローストビーフ丼
テラスパンケーキ

ローストビーフ丼と唐揚げが好きかも。
結局コテコテのがっつりが好みと分かった休日の午後。

コーヒーは3種類選べましたが、基本アメリカン並みの薄さなので
一番濃いとされる「フルシティーロースト」をおススメします。
※画像のコーヒーは中間の「ライトロースト」です。


タカタク


モンズマカツオタタキ


以前、九反田の酒亭 蓮さんで撮影時にご馳走していただいた時の
インパクトが忘れられず。。。

スーパーでもスマガツオのタタキはあったりしたけれど。。。。

ヤ・シーパークの鮮魚コーナーで出会えるとは思いませんでした!


写真-2017-01-03-13-47-13
節自体は細いですが一応、モンズマ鰹のタタキ。

“モン”の字が印字されていたのでついつい即買い!

しかも500円!!

美味しゅうございました。


mizo

Appendix

プロフィール

shokurakuzukan

Author:shokurakuzukan
高知食楽図鑑webスタッフブログ

検索フォーム

QRコード

QR